サポーターの通販 販売 | アルテライン

FrontPage

膝痛対策のために開発されたこの膝痛サポーターは、2つの特許で膝の痛みを緩和します。
line-gren-s_3.jpg

膝サポーター通販

サイドプロテクトGサポーター

膝痛サポーターは、アルテライン通販

line-gren-s_3.jpg

只今、お買物のカートが故障して、ご注文が届かない状態になっています。ご迷惑、ご不便お掛けして誠に申し訳ございません。

FAX0250-43-5188でお受けできます。

お問合わせのページからもお受けできます。


Eメール:arteline@hb.tp1.jp


「はじめは半信半疑でしたけど、実際膝の痛みがとれて、驚きました!」
                                                新潟市 渡辺様

「着けているのも忘れてしまう履き心地です!」
                                                長岡市 高橋様

「痛みを感じなく、また、ウォーキングを始められました!」
                                                上越市 磯貝様


アルテライン通販をご利用いただき感謝いたします。2010年5月、開発のポリシーを全て感じて頂いたご愛用の方のお声に、開発者は心から喜んでおります! 
通販で購入のお客様の声に答えて


2010年3月、アルテライン通販で、ご購入のお客様のお喜びの声がぞくぞくと届いています! 

通販でご購入のお客様の声1


通販でご購入のお客様の声2


通販でご購入のお客様の声3


通販でご購入のお客様の声4
通販でご購入のお客様の声5


通販でご購入のお客様の声6


アルテライン通販でGサポーターをご購入のお客様のお喜びの声がぞくぞくと届いています!''


『おかげさまで、口コミで広がり、大好評!』
【サイドプロテクトGサポーターは、アルテライン通販】

読売新聞【うちのイチオシ】で推薦され、好評発売中です!


膝痛対策のための膝痛サポーターは日本国製

膝痛対策のために開発された膝痛用サポーター【サイドプロテクトGサポーター】は、日本国製の吟味された素材を使用して、日本の永年培った技術と感性で造られています。

【膝用サポーター】の多くが、中国で大量生産されている中で、【サイドプロテクトGサポーター】は、最新のホールガーメント編機で、脚の形状に合うように成形編と呼ばれる編成方法で、一枚一枚丁寧に時間をかけて、編み出されます。

膝痛対策のための膝痛サポーターの特徴

画像をクリックすると拡大画像が見られます。

膝痛対策サポーター信頼のGマーク

膝痛サポーター拡大画像膝痛サポーター全体はサポート力中くらいな適度な装着感を保ちながらも、ゲルパットがしっかり膝を包み込みます。




3D立体設計の完全無縫製ニット編み

膝痛サポーター拡大画像膝痛サポーター本体は、3D立体設計の完全無縫製ニット編みですので、ゴロつきがなく、快適な着用感です。長時間のご使用が可能です。


 【特許申請済】

特許のゲル素材パットが、膝の痛みを緩和

膝痛サポーター拡大画像この膝痛サポーターに装着される衝撃吸収素材のゲルパットが膝両サイドから、しっかりホールド(支持)して、左右前後のブレを防ぎ、サポートし膝サイドの膝の痛みを、やわらげます。

膝蓋骨(お皿)の下部にかかる負担を軽減して、お皿の下の痛みを、やわらげます。

肌にやさしい快適な着用感

膝痛サポーター拡大画像この膝痛サポーターの膝裏部分は、やわらかいメッシュ編みになっていて、痛くならなく、ムレない設計です。

曲げの伸ばしをラクにできますので、正座する機会多い方にも最適です。


膝痛対策の膝痛サポーターには自然な温かみがあります。

保温ニット素材が脚を温める【Aタイプ】は安心をあなたに!

自分の体温で保温できるから、自然の温かみを感じることができます。冷えからくる痛みのある方に最適です。
向かって左側が着用後、右側が着用なしのサーモグラフィです。

吸汗・速乾素材の【Bタイプ】は、快適な体験を求めてハイキングやスポーツに!

膝痛サポーターの正しい履き方

膝痛対策にゲルパットのサポート力

膝痛対策の膝痛サポーター「サイドプロテクトGサポーター」は、名前のように、衝撃吸収素材で創られた特殊パットによって、じん帯の両側側面から、プロテクト(保護、守護)するために設計された膝痛サポーターです。

従来の膝痛サポーターとの大きな違いは、筋肉の伸縮性に近いゲル素材の特殊パットが膝を両サイドから包み込むように装着され、膝関節をしっかりサポートします。

膝サイドのブレからの膝の痛みを緩和します。

膝痛サポーターに装着される衝撃吸収素材のゲルパットの形状によって、内側副じん帯、外側副じん帯を外側から、しっかりホールド(支持)することで、左右前後のブレを防いで、それらの動きをサポートします。

膝痛サポーターのゲルパット衝撃吸収素材イメージ膝痛サポーターと膝眼の関係

膝痛サポーターに装着される伸縮性のある軟らかな衝撃吸収素材のゲルパットの内側に形成される突起形状によって、膝蓋骨(お皿)を下側から支えることで、歩行時の膝蓋骨(お皿)にかかる負担を軽減して、それらの動きをサポートします。



膝痛対策のための膝サポーターのコンセプト

Gサポーターが選ばれる5つの理由


[check]この膝痛サポーターは、長時間着用することを「最重要視」して設計されてあります。

  • Gサポーターは、やさしく膝を包み込み、従来品のような強い圧迫感はありません。
  • Gサポーターは、膝裏が痛くなりませんので、従来品のような不快な想いをさせません。
  • Gサポーターは、立体設計の無縫製ニットですので、ズレ落ちに強くく快適に着用できます。

[check]この膝痛サポーターは、膝周りをしっかりガードして、膝に安定感が保てます。

  • Gサポーターは、特許のゲルパットが膝のブレを防ぐことで、安心をお求めになられます。
  • Gサポーターは、特許のゲルパットが膝の痛みを和らげ、新たな快適な体験をお求めになられます。

膝痛対策の膝用サポーターの機能と快適性

絶対後悔しない!

膝痛サポーターの買い方、選び方


機能性OK 快適性NO

膝痛サポーターの機能性

機能性のガッチリタイプの膝痛サポーターは、圧迫感が強すぎたり、膝裏にたまるシワで痛くなり、とても長時間の着用が出来ません。

膝を負傷なされた時は、どうしてもこのタイプから、着用なられることが多いです。医師のおすすめもあり、「痛みがやわらぐのであれば」との想いです。

損傷したばかりの重度の痛みの時には必要ですが、治療がすすむとロボットのような状態がとても苦痛になります。




機能性OK 快適性NO

膝痛サポーターの機能性

機能性の膝ベルトタイプの膝痛サポーターは、ある意味では理想なのでしょうが、アパレル的な着用感は感じられません。

重度の痛みの時、2時間程度のお買い物には適していますが、膝の稼動範囲が狭まり、日常の生活で長時間の着用することは、困難のように思います。

自分でズレないように、或いは膝裏が痛くならないように加減して着用してみるのですが、

自分で調整したはずのサポーターの圧迫感ですが、その圧迫感でつらくなります。また、膝裏のシワで、痛くなってしまいます。


機能性NO 快適性OK

膝痛サポーターの快適性

快適性のニットタイプの膝痛サポーターは、着用感や保温には良いのでしょうが、サポート力が感じられません。

遠赤外線繊維、備長炭、磁石入り膝痛サポーターのように、保温を目的とした良いものはたくさんあります。

保温は、痛んだ膝周りにとっては、とても大切です。

でも本当に欲しいのは、膝痛サポーターの本質である【サポート力】です。


機能性OK 快適性OK

画像の説明機能性 + 快適性膝痛サポータ快適性=Gサポーター膝痛サポーター機能と快適性の融合


膝痛対策のために開発された膝痛サポーター【サイドプロテクトGサポーター】は、保温ニット繊維の保温力を保ちながら、【膝痛サポーターの本質」であるサポート力という機能を持ち、人に優しい快適性を併せ持つ膝痛サポーターです。


今、どのようなタイプの膝痛サポーターをお持ちですか?
膝痛にお困りの方にも参考になりますので、よろしかったら、投票をお願いします。(複数可)

選択肢 投票
機能性のガッチリタイプ 16  
機能の膝ベルトタイプ 9  
快適性のニットタイプ 8  
昔からある白色のゴムタイプ 9  
その他 3  

膝痛対策の膝痛サポーターのおすすめ

膝痛サポーターは、こんな方に
膝痛サポーターでお困りの方へ

[check] ウレタン製の膝痛サポーターをお使いで、ムレてお困りの方

[check] 膝痛サポーターの圧迫感が強すぎたり、膝裏のシワによる痛みがあってお困りの方

[check] ベルトで巻いて止める方式の膝痛サポーターで、膝の可動範囲が狭まりお困りの方

[check] 膝痛サポーターで、ドーナッツ型のリングが、ズレたり外れたりでお困りの方

[check] 膝痛サポーターサイドの金具のために、座れなくてお困りの方

[check] ニット、或いはゴム製の膝痛サポーターをお使いで、サポータ力がなくてお困りの方

膝痛対策のための膝痛サポーターの推薦

新潟県五泉市 樋口接骨医院 樋口博則先生より

膝痛対策のための膝痛サポーターをご推薦いただきました樋口先生

 膝の関節症患者が痛む患部又は横ブレを恐れる部位は、膝頭ではなく、そのやや下方の部分、即ち内側及び外側側幅靭帯と呼ばれる箇所であります。この側幅靭帯の内部には、半月版があり、その中心には、前十字靭帯があります。

この部位は非常に強度が弱く、故障を起こしやすいため、この部位を補強、補佐しサポートすることは、大変重要です。

膝蓋骨を下方から支える位置、且つ内側及び外側側副靭帯を保護する位置に伸縮性がありながら、強度のあるパッドを位置決めすることは、故障が最も多い靭帯である側副靭帯の保護を効果的に行うことができるでしょう。

この膝痛対策の膝痛サポーターは、左右両サイドの2つのパッドによって患部たる関節を挟侍することで、患部の上下に負担を分散させることができ、膝関節部にかかる負担を軽減することができます。

また、この膝痛対策の膝痛サポーターに装着されるパッドの凸状部内側の突起部によって、膝蓋骨の下部を押し上げて支持することができ、膝蓋骨下部に生じる負担を軽減することが可能であります。

そして、膝眼という経路(ツボ)をやわらかく刺激するという、画期的な工夫がなされています。

冷えから生じる患部の膠着や痛みには、保温ニット繊維で作られた膝痛サポーターは膝の保温性からも、大変良いと思います。

左右両サイドの2つのパッドでしっかり固定しながらも、全体は、強い締め付け感もなく、ズレ落ちにくく、また、膝裏にも優しい膝サポーターということでご推薦いたします。


膝痛対策の膝用サポータのアンケート

ご購入された方の82%が満足!

次はあなたが体感してください!


2009年4月実施アンケート調査では、アルテラインの膝痛対策の膝痛サポーター「サイドプロテクトGサポーター」は多くの方から支持されました。

満足度:大満足43%・満足39%・不満14%・わからない4%

残念ながら、ご不満の方もおられました。サイズが合わなかったためと推察しております。

サイズは「商品詳細」の説明をお読みくださり、膝痛サポーターの正しいサイズを、お選びくださるようお願いいたします。

膝痛にお困りの方の膝痛対策ために開発したこの膝痛サポーターは、高い評価を受けました。

膝痛対策の膝サポーターの機能性は高く評価されました

新潟IDSデザインコンペティション  3年連続受賞(2007・2008・2009)

(財)にいがた産業創造機構および新潟県では、「地域発ブランド」を構築し得る産業の育成を目的に、生活市場へ向けた商品の提案、及び生活を支えるシステムの提案を対象とした、コンペティションが開催されます。

膝痛対策の膝痛サポーターを出品した新潟IDSコンペ

■ 審査
1、企画力
テーマの明確性、時代課題の対応力、ターゲットの明確性、着想の独創性、価格バランス
2、造形力・システム展開力
企画意図の表現、システムの新規性、オリジナリティ、機能と感性、クオリティ感。遊び心
3、関連商品への展開性、アイデアの発展性、魅力度
上記の基準により審査を行い、賞が決定します。

【膝用サポーター】2007年、2008年 IDS賞 受賞

膝痛対策の膝痛サポーターがIDS賞を受賞

IDS賞 【MOMO部門】企画、造形、可能性の3点で優れた作品 










【膝痛対策のための膝痛サポーター】2009年 審査委員賞 受賞

膝痛対策の膝痛サポーターIDS審査委員賞を受賞

審査委員賞 【MOMO部門】企画、造形、可能性の3点で優れた作品、審査委員一押しの作品。









膝痛対策の膝痛サポーターの保証
膝痛対策の膝痛サポーターの10日間返品保証

膝痛対策の膝痛サポーターご使用のご注意

膝痛サポーターの使用上の注意

  • ねんざ、骨折、靱帯損傷、その他外傷を受けた直後は使用しないでください。
  • 装着部位に発疹、かゆみ、かぶれが生じたり、ゴム素材アレルギーの方は、すみやかに使用を中止し医師にご相談ください。
  • サイズの合わないものは使用しないでください。
  • 就寝時に使用しないでください。血行がわるくなる恐れがあります。
  • 火気や高温になる場所には置かないでください。製品の変形・破損・火災の恐れがあります。
  • 小児の手の届かない所に保管してください。

膝痛サポーターの洗濯上の注意

  • 手洗いをおすすめしますが、万が一洗濯機をご使用の場合は、ネットに入れて弱洗いしてください。
  • 中性洗剤を使って、ぬるま湯、または水で洗ってください。
  • ドライクリーニングは絶対お止めください。
  • アイロン、及び乾燥機は絶対お止めください。
  • ニット糸を使用していますので、セーターのような毛玉ができます。

サイドプロテクトGサポーターの理念
創る【creation】
オリジナル【original】
伝える【communicaion】
生活【life】
快適【confortable】

a:44515 t:8 y:16


ページトップへ


powered by Quick Homepage Maker 4.78
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional